会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
庭園デザイナー 枡野俊明のホームページ
 
植藤造園は創業天保3年
15代藤右衛門が育てた京都円山公園の枝垂桜は祇園の夜桜として親しまれている。また、造園工事についても多くの作品を手掛けて、海外においても施工している。故イサム・ノグチ氏デザインの、パリにあるユネスコ日本庭園は16代藤右衛門(当代)の施工によるものである。
植藤造園の最近の仕事
 
  最新工事

嵐山 S庵造園工事

2017年2月完成
京都府 右京区 嵐山
既存の岩肌を活かし作庭を行いました。

ギャラリーエソラ庭園工事

完成2016年10月
東京都国立市
カフェのお庭です。

ザ・サイプレスゴルフクラブ獅子吼の庭

完成2016年10月
兵庫県
佐野藤右衛門が命名した庭です。

嵐山観光駐車場公衆トイレ植栽

完成2016年9月
京都府
観光名所嵐山の駐車場にある、トイレ前の植栽です。

詳細を見る
植藤造園BLOG トピックス
 

『おい・おい』

 まだ5月と言うのに連日、京都は真夏日が続き体が気温に着いて行きません。
 早くも夏バテか〜。未病気味で丹田に力が入りません。 

 で・気を取り直してと。
 今年も咲きました。弊社自慢の『晩熟のカキツバタ』
 「冬場にほったらかしにされたり、水も碌に貰えへんのに頑張りました。」(本人談)

 何時もながら「ええ色やな〜」
 花と言えば今年も恒例の「H農園」の紹介をしておかねばと・・・
 「H農園」を初めて6・7年に成りますが、何時もながら、「職人技の網張り」
 5月の連休にHが一人で仕上げました。膝痛たかった。(本人談)
 ほんで、野菜の種類は今年は初心に帰ってシンプルに。
 

左から、「白ゴーヤ」「中玉トマト」「キュウリ」「ズッキーニ」 
「何処がシンプルやねん」と突っ込みが、全国(柊野と本藤沢辺り)のHブログファンから聞こえます。

早くもトマトの花が咲いてます。

自然派志向の「H農園」の為、ズッキーニは虫に食われてボロボロ。
でも、花は付きました。ちゃんと出来るんか知らん。
夏のお昼のサラダが楽しみです。(ここはNO天気思考で)

 もう一つ経過報告。
 昨年冬に持ち帰った「紅花の豆桜」 花が咲き新芽も無事展開しました。


 
 植物は「暑い」とか「寒い」とか「腹減った」とか文句ひとつ言わずに頑張っています。
 我我人間も見習わなければ。

 でぇ〜 今日も暑いし〜 「エアコンスイッチON」

 『おい・おい』

 では・では。
                               ブログ担当 : 真夏生まれのH