会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
庭園デザイナー 枡野俊明のホームページ
 

平成30年の台風で桜畑の被害がひどく、桜の見学及びお花見はお断りいたします。
もとに戻すのに2、3年かかると思います。

植藤造園は創業天保3年
15代藤右衛門が育てた京都円山公園の枝垂桜は祇園の夜桜として親しまれている。また、造園工事についても多くの作品を手掛けて、海外においても施工している。故イサム・ノグチ氏デザインの、パリにあるユネスコ日本庭園は16代藤右衛門(当代)の施工によるものである。
植藤造園の最近の仕事
 
  最新工事

町屋坪庭改修工事

2018年9月完成
京都市

然花抄院「天戸ノ庭」改修工事

2018年7月完成
京都府 京都市
 「天戸ノ庭」(アマトノニワ)と命名して下さいました。

国立市 せきやブロワリー醸造所庭園改修工事(第1期工事)

2018年3月完成
東京都国立市 せきやブロワリー醸造所の
御庭を改修させていただきました。

本社別館南側 造園工事

2018年3月完成
京都府 製薬会社様

詳細を見る
植藤造園BLOG トピックス
 

久しぶりに更新しました。

今年は、自然の凄さを例年より多く感じています。

台風21号の影響で、園内にあるモミが1本倒れかかってしまいました。

山師さんに伐採のお願いをしました。

あっという間に枝が無くなり

あっという間に幹が倒れてしまいました。



会長のお話では、昭和9年に植えられたモミということでした。

樹齢は100年以上でした。

幹には、苔が生えてました。ここにも自然の凄さがありました。