会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
庭園デザイナー 枡野俊明のホームページ
 
植藤造園は創業天保3年
15代藤右衛門が育てた京都円山公園の枝垂桜は祇園の夜桜として親しまれている。また、造園工事についても多くの作品を手掛けて、海外においても施工している。故イサム・ノグチ氏デザインの、パリにあるユネスコ日本庭園は16代藤右衛門(当代)の施工によるものである。
植藤造園の最近の仕事
 
  最新工事

京都府 T邸造園工事

2017年 10月完成
京都府

京都府 N邸坪庭

2017年5月完成
京都府
町屋の坪庭の改修工事です。

Y邸庭園計画

2017年4月完成
東京都

S邸新築造園工事

2017年4月完成
神奈川県

詳細を見る
植藤造園BLOG トピックス
 

『戌笑う年に』

 新年明けましておめでとう御座います。
 本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 本年は暦のめぐり合わせで年始休暇がいつもより長く9日が初出勤となりました。
 年始の御挨拶をした次の日が十日戎とは何ともはや。直ぐに節分来るで・・・

 『戌年』の株式相場格言は『笑う』と言われております。
 1958年から過去5回の相場も大幅上昇が多い『戌年』であります。

 酉年は「商売繁盛の年」とされるのに対して、『戌年』は「守りの年」とも言われております。
 ただ守っているだけでは成長は望めない。「攻撃は最大の防御」
 個人も企業もビビッてないで「攻めの姿勢」を忘れてはいけないのです。

 『戌』の字には「茂」「陽気」「裁つ」等の意味が有り、
 「豊かさ」と共に「簡素の美」を求める意味も有ります。
 『犬』は此岸と彼岸を結ぶ使いとされ、「安産」「子の成長」「魔除け」として重宝されて来ました。

 我が家の『戌』は微妙な『戌笑い』ですが、皆様方は『大笑い』出来る『戌年』に成ります様に。

 では、では。
                    ブログ担当 : 『戌年』生まれの笑う H  L6