会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
庭園デザイナー 枡野俊明のホームページ
 
植藤造園は創業天保3年
15代藤右衛門が育てた京都円山公園の枝垂桜は祇園の夜桜として親しまれている。また、造園工事についても多くの作品を手掛けて、海外においても施工している。故イサム・ノグチ氏デザインの、パリにあるユネスコ日本庭園は16代藤右衛門(当代)の施工によるものである。
植藤造園の最近の仕事
 
  最新工事

ギャラリーエソラ庭園工事

完成2016年10月
東京都国立市
カフェのお庭です。

ザ・サイプレスゴルフクラブ獅子吼の庭

完成2016年10月
兵庫県
佐野藤右衛門が命名した庭です。

嵐山観光駐車場公衆トイレ植栽

完成2016年9月
京都府
観光名所嵐山の駐車場にある、トイレ前の植栽です。

Garden for The Pavilia Hill

2016年3月完成
香港

詳細を見る
植藤造園BLOG トピックス
 

『サクラサク』

 「えっ!! もうサクラ咲いたんか?」
違います。世はまさに受験シーズンにて、これは「結果発表」のお話しです。


 残念ながら、全てがこういう結果にはなりませんが、気持ちだけはポジティブに・・・
 
 いつも、弊社会長:藤右衛門は言います。
 『さくらの花は前の年の結果』やと、『始まりでは無いんやで。』
 前の年の、「気候」「気温」「降雨量」「日照」「樹勢」「諸々の条件」が
 『花に出るんやぞ。』それが『サクラサク』と言う結果発表。

 受験生の皆さんも、今までの努力が成果となって結果が出るのです。
 決して『受験・結果発表』だけがすべてでは有りません。

 今までの『精進・努力』が花を咲かせるのです。

 

 「花の便り」が待ち焦がれるこの頃です。
 
 さて、結果発表と言えば、
 我が家の『古井戸再生プロジェクト』の最終結果発表です。
 ようやく、ポンプも据えられこの様に・・・

 

 決して『上水』では有りません。『井戸水』です。
 「簡易水質検査」も保健所に行って貰い、
 濁り・匂い・・・無し
 PH・・・・・・・・・6.4(概ね中性)
 大腸菌・一般細菌・・・陰性
 有機物・・・微量
 「簡易検査にて飲用には?が付くが、散水・雑用水には問題無し。」

 先人の残してくれた『古井戸』をこれから守って行きたいと思います。
 『古井戸再生』に携わって頂いた全ての方に『感謝』です。

 

 以前、庭に有った『蹲踞』も据直し、此処でも『井戸水』を利用しています。

 改めてこの井戸に命名。

 『弁慶御帰乃井』   「お帰りやすー」

 では、では。
                            ブログ担当 : 宿替えのH